記事一覧

家事代行(掃除)を依頼する方って実は・・・!?

こんにちは。
お越し頂きありがとうございます。

今月始めた、家事代行のお仕事。
数件の依頼をこなしました。
aef6d1d2519d0a5a0a55c19b6df878be_t.jpg

今のところ楽しいし、充実しています。
ただやっぱり体力仕事。
とっても疲れます。





さて、私が先日訪問した1Kアパート暮らしのお客様が、
こんなことをおしゃっていました。

「家事代行を頼む人ってやっぱり金持ちとかが多いでしょ〰。
うちみたいなのってあんまりいないですよね。」

って。

そうそう、私も思っていました。

家事代行 = 家政婦

家政婦を雇う人= 金持ち

って。

でも、実際、依頼者一覧をみたり、
他のスタッフの話を聞くと
普通にそこらへんにいる方が多い。

一人暮らし、ファミリー暮らし、大きな一戸建て、狭い1K、専業主婦、学生、サラリーマン。
とっても綺麗にされているお宅から、もうすぐごみ屋敷?って方まで。

色々です。

依頼も色々。
一般的な掃除、整理収納、窓ふき、衣替え、家でしている仕事のお手伝い・・。

家事代行の仕事を始めて知った事ですが、
案外、利用はリーズナブル



お金持ちが依頼するなんて偏見でした。

今の家事代行は、
一般の方が、
「今日は、疲れたから、夕飯は外食で済ませよう!」の感覚で、
「今日は、疲れたから、部屋は片づけて貰おう!」なのかと思います。

もしくは、
洗車や洋服のクリーニングをお店に出すように、
「そろそろ汚れたから綺麗にしよう。」みたいな感覚。

家事代行は業者によって違いはありますが、
一時間あたりの依頼は、
車一台、手洗い洗車お願いする金額とそう変わりません。



こんなにリーズナブルなら、
片付けが苦手な方が、
必死になって片付けするより、
依頼したほうが、
です。

プロの方が、
効率的に動けるので、
数倍早くきれいになります。

なにより、手っ取り早い!

また、家事代行を
「片付けを始めるきっかけ」にするのもいいと思います。

実際私が担当した依頼者の方は、
「一人では何もできなかったけど、一緒に片づけてくれる方がいると、どんどんやる気になる!」とおしゃって、
ずっと捨てられなかったものを、バンバン捨て始めた方がいらっしゃいました。

つい、
「そんなに一気に捨てて後悔しませんか?」と言ってしまうぐらいでした・・・。

片付けを終えると、スッキリされた顔で、
「こんなきれいになったキッチンを見ていたら、コレを機に自炊しようと思います!」
なんておっしゃっていました。

生活を楽しもう、新しいことを始めたいという意識が高まるようですね。

そんな、依頼者の顔をみていると、
私も、すごく嬉しかったし、満足感半端なかったです!

まだまだ、私は駆け出しのお掃除屋さんです。
これから、大変な事、困った事、失敗もあるかと思います。

お掃除スタッフの立場として、
依頼者の立場も考えつつ、
今後も「家事代行」の実情を報告していきたいと思います。

今のところは、
お掃除好きが「スタッフになること」も、
お掃除が苦手な方が「家事代行を依頼する」のも
お勧めです!

↓お掃除が苦手な人必見!
にほんブログ村テーマ ワタシ、汚部屋と戦ってますへ
ワタシ、汚部屋と戦ってます

にほんブログ村テーマ 「片づけられない」の様々な原因へ
「片づけられない」の様々な原因

にほんブログ村テーマ 目指せ!汚部屋脱出へ
目指せ!汚部屋脱出

にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ
汚部屋から脱出したい!








↓参考になる話がいっぱい!

にほんブログ村

応援が励みになります。クリックして頂けたら嬉しいです。



賃貸インテリアランキング
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らんたんママ

Author:らんたんママ
節約しながら、趣味や育児を楽しんでます。
転勤族。
すっきりミニマムな生活に憧れてるけど、雑貨も大好きです。

〜家族紹介〜
私 ランタンママ
主婦
小銭程度の副業をしている
趣味はスポーツ、ハンドメイド、DIY、育児。
断捨離を進行中。

夫 ランタンパパ
30代 普通のサラリーマン
趣味多数。
捨てられない、溜め込み体質。
どんどん捨てる私を警戒している。

娘 ランちゃん
小学4年生 脳みそまで筋肉タイプ。
習い事週4、通信教育も受講
スポーツ、工作、読書など趣味は幅広い。
人見知りで、無愛想。

息子 タンくん
小学2年生
習い事は週2 通信教育も受講
超軟弱だけど、いつもニコニコ愛されキャラ。
家で人形遊び、工作が好き。
走るのは得意。

宜しくお願いします!

応援有難うございます

ポチッとして頂けたら嬉しいです。  
にほんブログ村