FC2ブログ

記事一覧

家のどこかにあったはず!?いつも探し物をしているあなたは・・・

おはようございます。
お越し頂き有難うございます。
家事代行スタッフ・整理収納アドバイザー2級のランタンママです。

1・2級の講座と家事代行の仕事で身に付いた知識、
そして、長年整理収納に向き合ってきた経験を元に
「お片付け」に関する記事を
しばらく書いて行きたいと思います。

にほんブログ村テーマ 「片づけられない」の様々な原因へ
「片づけられない」の様々な原因

にほんブログ村テーマ 目指せ!汚部屋脱出へ
目指せ!汚部屋脱出

にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ
汚部屋から脱出したい!

先日、「モノと人との関係4種類」について以下の通りであるとお話しました。
(まだ読んでない方は先にコチラを!→「整理収納の世界。あなたとモノの関係は?

①毎日使うモノ
②必要な時にいつでも取り出せるモノ
③必要な時にすぐに取り出せないモノ
④廃棄を待つだけのモノ

今日は、
あなたの所有する全てのモノを①②③④に分けると、
③の必要な時にすぐに取り出せないモノが一番多い方についてのお話。

(①が一番多い方はコチラ
(②が一番多い方はコチラ

649bf844d0324afbb984d562f494e3b2_s.jpg

整理収納アドバイザー養成講座では、
必要な時にすぐに取り出せないモノの領域を
「プロパティ領域」といいます。
所有しているだけの領域です。

↓整理収納アドバイザー2級のテキスト
これで、整理収納の基本が身に付きます。
(このテキスト、書店では取り扱っておらず、購入するならネット注文だそうです。)
「一番わかりやすい整理入門」


プロパティ領域のモノが多い方は、
全体的にモノが多く,
場当たり的に収納へ詰め込んだ結果、
その収納はブラックホールとなっています。

収納が足りなくなると、収納を追加購入したり積み重ねたり、
時には別に収納スペースをレンタルすることもあるでしょう。

整理が出来ない人は、このプロパティ領域を理解していません。
収納の中は全てスタンバイ領域だと勘違いしています。
(スタンバイ領域についてはコチラ

入りきらなくなったモノが部屋に溜まりだすと、急激に環境は悪化します。
紙袋、何かの箱、レジ袋など中身が入って状態で放置されているものはありませんか?

必要・不要をしっかりとした基準のもと区別し、モノを減らす必要があります。
 
整理収納の技術を身に付け早急な対応を!
コチラをどうぞ→「整理の技術」を身に付ける5つの方法

次回は、重症
④廃棄を待つだけのモノが多くある方のお話です。


応援が励みになります。クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村


にほんブログ村








賃貸インテリアランキング







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らんたんママ

Author:らんたんママ
整理収納アドバイスは、
ただいま紹介のみお受けしています。
ただし、一部の方のご依頼はお受けしています。

<お受けできる条件>
JR武蔵浦和より30分以内で行けるお宅。(車訪問可、ただし要駐車場)

ご家庭の整理収納アドバイス。

整理収納にお困りの方、どうかしたいけど、どうしていいか分からない方。

必ず女性の方立ち合いが必要。

料金前払い。

詳しくは、直接メールにてご連絡ください。
samshop2005@gmail.com

直近1ヶ月は予約が取りにくくなっています。
価格は相場よりかなり安く設定しています。
交通費が別途かかります

相談のみ(1時間~)
相談+一カ所の整理収納(3時間~)

<プロフィール>
ランタンママ
整理収納アドバイザー1級
介護福祉士 秘書士

趣味は、整理収納、インラインホッケー、ハンドメイド、お片付け。
快適な住空間を日々研究しています。

子育てしながら、
整理収納アドバイス
家事代行
ポスティング
アパレル系バイト
ハンドメイド品販売

どの仕事も楽しんでます!

~家族紹介~
夫 ランタンパパ
30代 普通のサラリーマン
趣味多数。
捨てられない、溜め込み体質。
どんどん捨てる私を警戒している。

娘 ランちゃん
小学5年生 脳みそまで筋肉タイプ。
6パックが美し過ぎる女の子。
習い事はスポーツ系週6の選手コース、通信教育も受講中。
スポーツ、工作、読書など趣味は幅広い。
人見知りで、無愛想。
夢は獣医。

息子 タンくん
小学3年生
習い事は週1。サッカー少年団に所属。通信教育も受講。
超軟弱だけど、いつもニコニコキャラ。
家で絵を描いたり、工作したり、読書するのが好き。
走るのが得意。
夢はサッカー選手。

宜しくお願いします!

応援有難うございます

ポチッとして頂けたら嬉しいです。  
にほんブログ村